MERVEILLE CRN flowersスクールブログ


アイビー 押し花のやり方 ()
花さんぽのブログへようこそ!プレストフラワー(押し花)や植物、レジンアクセサリー、ハンドメイド、子育てなどについてつづっております。寒いですねインフルエンザも流行っていますが、みなさん大丈夫ですか?アイビーを押し花にしますよ~。さわやか~!花も良いけどグリーンも癒やされますね。花言葉「永遠の愛」「不滅」「結婚」「誠実」よって、結婚式にもよく使われています。簡単な押し花の手順を載せます。つると葉を切り離します。ポイント①葉の裏に軽くヤスリをかけると、早く乾きます。早く乾く=綺麗な色が残るという方程
>> 続きを読む


あ、消しちゃった~ ()
いつの間にか 満開になってました~と 梅の写真を載せる予定が・・・1枚だけ 消したつもりが 全部 消してました代わりに ビオラの写真を どうぞビタミンカラーの黄色なんだか 元気をもらえる色ですねぇLINE@やってます
>> 続きを読む


解禁!!!ウェディングブーケ公開 ()
訪問いただきありがとうございます。大阪玉造で、押し花、フラワーアレンジ、グルーデコ®︎ (スワロフスキーアクセサリー)の講師をやっています。 1月にウェディングブーケレッスンの様子をアップさせていただいたブーケの全容をアップしまーす 新婦さんの希望で、緑が多いナチュラルブーケにしたいということで、ホワイトローズをメインに、中心にグリーンのカラーが入ったグリーンローズと色々な葉っぱを散りばめましたプリザーブドフラワーですが、生花ブーケのような仕上がりに写真では見えにくいですが、スワロフスキーのキラ
>> 続きを読む





ブライダルブーケの種類と選び方 1

ブーケの選び方 ラウンドブーケ

ラウンドブーケとは

続きを読む

ウェディングブーケを手作りしよう!

手作りウェディングブーケ1DAYレッスン

自分でブーケを作るDIYのお手伝い

 

結婚式・フォトウェディングのコンセプトやイメージを膨らませながら、ドレスやブーケを選ぶのは1番ワクワクする準備期間。

 

『自分で選んだお花で、雑誌のようなブーケやブートニアが作れないかな・・・』

と思ったとき、お花の経験が全く無い花嫁さんだと、どのお花を・どんなふうに・どれくらいのボリュームで・どんな作り方を選べば良いのか悩んでしまいますよね。

 

そんな時はMERVEILLE CRN flowersの1DAYレッスンがお役立ちします。

たくさんの花嫁さんの理想を叶えてきた経験をもとに、ご希望の手作りブーケ制作をマンツーマンで優しくサポート。

 

お花はアートフラワー・プリザーブドフラワー・ペーパーフラワーからお一人お一人お好みの材質を決めていくのですが、打ち合わせ・カウンセリングでは費用の予定やデザイン等色んな要素を取り入れて、総合的に満足していただけるよう様々なご提案をさせていただきます。(無駄な費用をかけないためにもブーケのデザインやボリュームの相談はとっても大切)

 

初心者には難しい工程は事前に下準備を無料で行いますので、レッスン当日花嫁さんはお花をブーケの形に挿すレイアウトデザインだけに集中して頂けます。

続きを読む

押し花ブーケの作り方 バラの花びらを押し花に

バラのプレストフラワー

バラの押し花ブーケ

薔薇のブーケを押し花にするお話しです。

 

バラ全般の花ことばは《愛と美》であることからもウェディングブーケによく使われている花嫁さんに大人気のお花です。

 

ポピュラーなバラのブーケスタイルは、丸い形がかわいいラウンドブーケやオーバルブーケで、ピンクやホワイト系が人気です。

 

 

押し花ブーケレッスンでも一番最初にバラを花材として指導することが多いのですが、その種類は原種を含めると数万種類になるほどで、好みや用途によってフォルムや色合いを自由に楽しめるのも魅力のひとつです。

 

 

バラを押し花に加工するファーストステップは【お花の処理・解体】で、お料理に例えると【下ごしらえ】にあたる工程ですね。

処理・・・というとお花が可哀想な気持ちになってしまいそうですが、綺麗な色彩を残したままプレスするためのとっても大切な作業になります。

 

押し花 葉物

大輪のブライダルローズはそのままプレスすることができませんので、まず花びらを優しく手に取りばらばらにしていきます。

 

このときに花びらに傷をつけてしまうと押し花になるときに茶色く傷が残ってしまいますので気の抜けない繊細な手作業になります。

 

 

先に触れましたようにバラの種類は多種多様ですので、花びらの形状や硬さ・しなやかさ・鮮度などいろんな条件を考慮しながらそれぞれのバラの花びらに一番適したプレスのためのカッティングを施します

 

このカットの工程は美しくカーブを描いているバラの花びらをまっすぐな平面にプレスするための作業になります。

慣れるまではバラの見極めが難しいかもしれませんが、お花が好きな気持ちがあれば花びらがいっぱいの中で進めるかなり楽しい作業でもあります。

 

 

花びらになったカット済みのバラは作業中からすでに酸化・劣化が進んでいますのでここからはスピードアップして平面にプレス+乾燥するためのプレスボードに並べていきます。

乾燥と圧力を2週間程度繰り返したバラの花びらは綺麗な押し花として生まれ変わります。

 

続きはレイアウトの回に・・・

 

続きを読む